キャンプ ストーブ

フジカ ファミリー KSF-225

たぶん1966年式

ファミリーは四角い形のストーブでは珍しい上部に持ちてがついたモデルです。転倒時に灯油が漏れない構造などを取り入れたモデルなので、新たなキャンプ用ストーブのスタンダードになりうる可能性を秘めています。

キャンプ ストーブ

まず最初に上部についている持ちてですが、四角い形のストーブでは珍しいと思います。これがあるとないとじゃ、運ぶ時の楽さがまるで違います。特に足場が悪い場所をストーブを持って移動しないといけない場合はとても助かります。

使用時は後ろに倒れるので持ちてが熱くなることはありません。

側面です反射板がハピーほど前に来ていないのですが、燃焼筒がハピーと一緒の対流が起きにくい構造の物なのでファミリーも上部はそんなに熱くありません感覚的にはハイペットの上部と側面の厚さがちょうど逆になった感じです。

フジカ ストーブ キャンプ

後ろ側です。下のほうについている黒いネジ二つを外すとカバーが外れるようになっています。メッシュ部分がセクシーですが軽量化のためですかね?

フジカ ストーブ

上のガードと下の蓋を開けた状態です。

フジカ 燃焼筒

燃焼筒をひっくり返した写真です。板の中央に穴が集中しているので熱気の対流が起きにくい構造の燃焼筒と思われます。

キャンプ ストーブ フジカ

キャンプ用のチェアとの大きさ比較

キャンプ用ストーブ フジカ

ハイペットとの大きさ比較です。持ち運びはやはりハイペットのほうが小さくて軽いので楽ですが、ファミリーも取っ手があるので感覚的にはハイペットよりちょっと重いかな程度です。

明るい場所での燃焼した感じ

フジカ ストーブ

暗い場所で燃焼した感じその1

キャンプ ストーブ

暗い場所で燃焼した感じその2

まとめ

最初にも書いたのですが、大きさ、持ちやすさ、灯油が漏れにくい構造などキャンプ用ストーブとしてとても使いやすい要素を持っています。上部に熱が上がりづらいモデルなのでハイペットのように煮炊きするような使い方はできませんが、ある程度オープンな空間で暖を取るという使い方では対流しやすいモデルに比べて圧倒的なアドバンテージがあります。ソロキャンプなどで一人で使用する場合は反射板で効率よく熱を自分に向けれるや、サブストーブで使用する場合は反射板があるので端のほうに置けてレイアウトしやすいなど1台持っておいて損のないストーブだと思います。

※密閉したテント内で石油ストーブを使用してはいけません



テツオミシン

富山県富山市神通本町2-3-20

平日11:30~18:00

土曜10:00~18:00(定休日 日曜)

クレジット使用OK  Credit cards accepted 

銀行口座 北陸銀行 富山駅前支店 普通6038268 テツオミシン

TEL076-471-8890